介護保険でできる住宅改修

介護リフォームQ&A

高齢者が住む住宅のリフォームは、介護保険により20万円を限度として、その費用の9割が支給されます。「高齢者住宅改修費用助成制度」を利用し、介護リフォームで住みよい家づくりをはじめませんか?

この制度により給付が受けられる住宅改修工事には、以下の種類があります。

手すりの取り付け

段差の解消

滑りの防止及び移動の円滑化のための床材の変更

引き戸等への扉の取り替え

洋式便器等への便器の取替え

その他上記の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

リフォーム事例はこちら