高齢者の新型コロナワクチン接種の注意点

 高齢者の新型コロナワクチン接種について、日本老年医学会から発表されている注意点をご紹介します。

 

 本年 4 月 12 日から全国各地で高齢者への新型コロナウイルスに対するワクチンの接種が始まりました。


 まず、高齢者は新型コロナウイルスに感染すると重症化しやすく、死亡率(70 歳代 5.2%、80 歳以上 13.9%:本年 4 月 21 日厚生労働省発表データ)も高いことがわかっています。⇒80歳以上だと、10人に1人以上の割合ということになります。

 それに対してワクチンの効果が期待されますが、高齢者でも 9 割以上の発症予防効果があることが報告されています。


 一方、心配される副反応ですが、1 回目に比べ、2回目の接種後に接種部位の腫れ・痛みに加えて、発熱・疲労感などの全身症状もより多くみられています。

しかし、高齢になるほど副反応の発生率は低く、国内の医療従事者接種を対象とした調査では(厚生労働省研究班中間報告)、37.5 度以上の発熱は全体では 38%にみられたのに対し、65 歳以上では 9%でした。アナフィラキシーショックや血栓症などの重篤な副反応は、極めてまれです。
 

以上のように、高齢者でもワクチンのメリットは副反応のリスクを上回るため、基本的にワクチン接種が推奨されます。ただ、持病がある方や体力の落ちた方はかかりつけ医とよく相談して判断ください。また、肺炎球菌ワクチンの接種の予定のある方は、2 回目の新型コロナウイルスワクチン接種後 2 週間以上あけて、肺炎球菌ワクチンを接種するか、肺炎球菌ワクチンを接種してから 2 週間以上あけて、新型コロナウイルスワクチンの 1 回目を接種してください。

 

とのことです。

ご高齢になればなるほど、副反応のリスクよりも、感染のリスクの方が大幅に上回るというように感じます。

いざ接種となりましたら、かかりつけの医師にしっかり相談の上、接種スケジュール等にも注意し、すすめてくださいね。

早く接種する権利を多くの方が得られるようなり、安心した毎日を送りたいものです。

 

介護TEL 介護ロゴ